主婦のための使える英会話 飲み物おかわり

  • コメントは受け付けていません。

この記事は1分で読めます

アメリカのレストランでは、飲み物のおかわりも自由な場合が多いです。

お酒類や、シェイクとか新鮮フルーツジュースとかは別だけど、

定番のアイスティーとかソフトドリンクと呼ばれる、炭酸類等、

メニューに記載があったりもするので確認できます。

① 「おかわり」・・・ってなんて言う?

“May I have a refill please” 
(メイ アイ ハヴ ア リフィル プリーズ)
「(飲み物の)おかわりをしてもいいかしら?」
「おかわりをお願いしたいのですが・・」

「おかわり」は“refill” (リフィル)と言います。

② もうちょっと、簡単に言いたいときは

“Refill please” (リフィル プリーズ)
「おかわり お願いね」

 

通常、レストランでは担当のウエイターやウエイトレスがテーブルの状況や

飲み物の減り具合を注意しながら見てまわって、おかわりがいるかどうかと

聞かれることの方が一般的です。

それがチップ稼ぎのためのサービスの一環でもあるんだけど、

いつもそうとは限らないので、自分からどんどん言ってお願いしましょう。

ちなみに聞かれたときの答え方。

“Yes please” (イエス プリーズ)
「はい、お願いします」

“No   thank you” (ノー サンキュ)
「いいえ、結構です」

 

 

 

 

  • コメントは受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。