主婦のための使える英会話 おしえてね

  • コメントは受け付けていません。

この記事は1分で読めます

日常会話のなかで「教えてね」って言う時にはいくつかの意味がありますね。

例えば、「勉強を教える」、「秘密の話を教える」とか「知らせる」という意味のとき・・

英語でも、いくつかの言葉があるので見てみましょう。

 

① 勉強を教える、教えてもらうような学習するときの言い方。

 ”I teach how to cook” (アイ ティーチ ハウ トゥ クック)
「(私が)料理を教える」

 ”Teach me how to cook” (ティーチ ミー ハウ トゥ クック)
「私に料理を教えて」

② どんな話かおしえて、とか話してもらいたいとき

 ”Tell me how it was” (テル ミー ハウ イット ワズ)
「どんなだったか、教えてよ(話してよ)」

 ”Tell me・・・” は 積極的に話を聞きだしたいとか、「言ってよ」

みたいな「教えて、話して」と少し強要する雰囲気もあります。

 ③ 知らせてもらいたいとき
 ”Let me know If you need help” 
(レット ミー ノウ イフ ユウ ニード ヘルプ)
「もしお手伝いが必要だったら教えてね(知らせてね)」

 ”Let me know・・・” は日常とても良く使う言い方で、

「何かあったら自分に知らせてね」 というように、控えめだけど相手に

知らせておきたいときに言うのに便利ですよ。

 

 

  • コメントは受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。