主婦のための使える英会話 昼寝

  • コメントは受け付けていません。

この記事は1分で読めます

小さいお子さんは、お昼寝が大事ですね。

昼寝をしないと夕方にはピーピーギャーギャーとご機嫌ななめになって

夕飯の支度をするママには大迷惑なことになったりして・・

もちろん、自分が昼寝をしないと体力が持たないわーって言うのもあるでしょう。

昼寝をすることを英語では

’’take a nap” (テイク ア ナップ)
「昼寝をする」

と言います。
使い方の例としては、

”Let’s take a nap” (レッツ テイク ア ナップ)

「さぁ、お昼寝しましょう」

② ”I need to take a nap” (アイ ニード トゥ テイク ア ナップ)

「私には昼寝が必要だわ」

③ ”Nap time!” (ナップ タイム)

「お昼寝の時間!」

こんな風に言います。

「眠る」というのは ”sleep” ですが、

「睡眠」と言う意味では同じだけど、「昼寝」という時には使いません。

”nap” というのは、「昼寝」と限らず、うたたねのような短い休息の意味と思うと

いいかもしれません。

子供や大人、それぞれの「昼寝」の時間の長さは違うけど、

一般的に「昼寝をする」と言うときの言い方なので、ぜひ使ってみましょう。

 

 

 

 

 

  • コメントは受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。