Teacher & Doctor 先生?!

  • コメントは受け付けていません。

この記事は1分で読めます

日本の学校では、「先生」とか「XX先生」と言いますね。

アメリカではちょっと違うので覚えておきましょう。

① 職種や先生方全体などを言うとき

”I’m a school teacher”
(アイム ア スクール ティーチャー)

「私は学校の先生です」「私は学校の先生をしています」

”I want to be a teacher” 
(アイ ウォント トゥ ビー ア ティーチャー)

「私は先生になりたいです」

② xx 先生と 個人名で言うとき

”Ms./Mrs.Smith’’ (ミス スミス)

「スミス先生」

”Mr.Anderson” (ミスター アンダーソン)

「アンダーソン先生」

このように、「xx 先生」ではなく「xx さん」「xx 氏」

のようなよび方をします。

ここで、ちょっと注意!

同じ「先生」でも、医者の場合の「先生」は

’’Doctor” (ドクター)

なので、病院で「xx 先生」 と言うときには

”Dr.xx” (ドクター xx)

病院と学校の先生の違いなので、そんなに混乱することはないと思います。

時々、学校の先生(大学の先生等)で 博士号を取得している場合には

学校の先生でありながらも ”Dr.xx” と呼ぶこともあるけれど、

まぁ、時々は例外もあると思っておけばいいと思います。

 

  • コメントは受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。