Left over 残り物

  • コメントは受け付けていません。

この記事は1分で読めます

前の日の夕飯の残り物を取っておいて、次の日のお昼ご飯に食べる・・・

なんて事は良くあることだと思います。

この「残り物」というのを英語ではこう言います。


’’left over’’ 
(レフト オーヴァー)

「残り物」「残り」
例文としては・・・

”I’m having left overs for lunch”
(アイム ハヴィング レフト オーヴァース フォー ランチ)

「私はお昼ご飯には残り物を食べるわ」

”These are all left overs”
(ディーズ アー オール レフト オーヴァース?)

「これが全て残りですよ」

 

残り物を保存しておいて後で食べたりするのは、人それぞれで好まない人もいるけど

一般家庭では良くあることで無駄にしないという考え方としてはいいと思います。

レストラン等でも、食べ残しを持って帰るというのは良くある事なので

お持ち帰り用の箱はほとんどのレストランには用意があるはずです。

 

’’Doggy bag” (ドギー バッグ)

直訳では「犬の袋」だけど、「犬用に持ち帰る袋」という意味からきたようで

「食べ残し持ち帰り用の袋または箱」の事を言います。

レストランでは ”Box’’ と言ってもその場の状況では食べ残しようの箱と

分かるはずなので、ウェイターやウェイトレスに言えばもらえますよ。

 

 

 

 

 

 

  • コメントは受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。