Time to・・・ ・・・の時間

  • コメントは受け付けていません。

この記事は1分で読めます

毎日、学校や仕事のスケジュールで何かをしなくてはいけない時間は

それぞれ決まっていますね。

「・・・の時間だ」とか「・・・をする時だ」って言い方を英語では

① ’’It’s time to・・・’’
(イッツ タイム トゥ・・・)

② ”It’s time for ・・・”
(イッツ タイム フォー・・・)

 

① と ② の違いは、何の時間かによってというか文法的な

使い方の違いで動詞か名詞の違いだけれども・・・そんな理屈は

いいとして、簡単に覚えましょう。

① ’’to・・・’’ は 「・・・をする時間」

② ’’for・・・’’ は 「・・・の時間」

と言ったら少し分かりやすいかな。

会話でよく使うのを暗記して覚えましょう。

”It’s time to go” (イッツ タイム トゥ ゴー)

「行く(その場から離れる)時間だよ」

これは、よく子供をおもちゃ売り場から離すときに使います。

”It’s time to do homework’’ 
(イッツ タイム トゥ ドゥ ホームワーク)

「宿題をする時間ですよ」

”It’s time for bed’’ 
(イッツ タイム フォー ベッド)

「寝る時間よ」

”It’s time for dinner” 
(イッツ タイム フォー ディナー)

「夕食の時間だよ」

 

  • コメントは受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。