気軽に英会話 ごめんなさい

  • コメントは受け付けていません。

この記事は1分で読めます

①誰かに謝るときはもちろん、言い方によってはその言葉の重みも

違ってきますね。

一般的に英語では

’’I’m sorry’’(アイム ソーリー)
「ごめんなさい」

”I’m very sorry”(アイム ベリー ソーリー)
「本当にごめんなさい」

もちろん自分が悪かったなーと思って言う言い方。

②もうちょっと簡単に、気楽な言い方としては

’’Sorry’’ (ソーリー)
「ごめんね」

お友達同士とか、軽めに言いたい時はこれで十分。

③もうひとつ、意味が違うので知っておきたいのは、「残念」という意味もあること。

例えば、訃報を聞いた時、試合等に負けたり何かを失くしたり・・

あまり喜ばしくない状況の人に同情するような時に言います。

’’I’m sorry’’ ’’I’m very sorry’’
「残念だね・・」「とっても残念だよね」

くじにハズレたら ’’Sorry!’’ と軽い感じ。

日本語では「ごめんなさい」と「すみません」を同じ様な意味でも使うけれど、

英語では意味が少し違うので気をつけましょう。

 

 

 

 

  • コメントは受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。