I have to go now もう行かなくちゃ

  • コメントは受け付けていません。

この記事は1分で読めます

「あ、もうこんな時間だ!行かないと!」という場面は毎日ありますね。

そんな時に言う言葉。

”I have to go” (アイ ハフ トゥ ゴー)

この、’’have to” は (ハヴ トゥ)ではなく

ハフ トゥ)と読むので気をつけましょう。

’’I have to・・・” で 「・・・しなければならない」という意味で、

義務的に何かをしなくてはいけない時に使います。

例)

’’I have to pay tax” (アイ ハフ トゥ ペイ タックス)

「税金を払わなくてはいけません」

”You have to try hard”
(ユウ ハフ トゥ トライ ハード)

「一生懸命やらなきゃだめよ」

 

”have to” と同じ意味だけど会話では特に強調したい時に

よく使うのは ”got to” (ガット トゥ)です。

話の途中で切り上げてその場を離れなくてはいけない時、

ちょっと逃げたいとき・・・なんかにはこう言いましょう。

”I got to go now”
(アイ ガット トゥ ゴー ナウ)

「あ、もう行かなきゃ」「行かないとだわ」

発音としては、口語っぽく

(アイ ガラゴー ナウ)なんて言うほうが

自然に聞こえていいと思いますよ!

 

  • コメントは受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。