気軽に英会話 OK

  • コメントは受け付けていません。

この記事は1分で読めます

日本語の会話でも「オーケー」と言うので意味や使い方も分かるし、あまり

抵抗無く使える英単語ですね。

①英語でも ’’OK’’ はそのまま同じように使えて、とても便利な言葉。

’’OK’’
「分かりました」

と言った了解の意味を伝えるように日常の会話の中でとても良く使います。

②自分の状態を伝えたり、相手の状態を聞くとき

’’I’m OK’’ (アイム オーケー)
「私/僕は大丈夫です」

’’Are you OK?” (アー ユウ オーケー?)と聞けば
「大丈夫ですか?」

と言う意味になります。

③同じ意味で、便利な使い方

”I’m  OK’’
「大丈夫です」

自分の状態を聞かれた時と同じ言い方だけれど、お断りとしての意味。

例えばおかわりなど何か勧められた時に「自分は大丈夫なので結構です」

つまり「いりません」という意味になり、断った事になりますね。

このように ”OK” は理解を求めたり了解を伝えたり、意思を伝える便利な言葉です。

「オッケー」より「オーケー」の方が発音的に英語らしく聞こえるので

OとKをそれぞれ言うように発音すと、英語っぽくていいかも!

 

 

  • コメントは受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。